© 2018 by Japan Grown Diamond Association

What's Lab-Grown Diamond?

ラボグロウン ダイヤモンドとは?

ラボグロウンダイヤモンドとは、天然ダイヤモンドと全く同じ物理的特性を持つ本物のダイヤモンドです。人類は何世紀もの間、地球を採掘して自然が作り出した最も美しい結晶を探し出してきました。しかしテクノロジーは、炭素が自然環境下で結晶化するプロセスを再現することによって、地球上でダイヤモンドを成長させることを可能にしました。

世界中の科学者はこのダイヤモンドについて厳格な試験、研究を実施してきました。その全ての結果は、ラボグロウンダイヤモンドの物質的特性が、地中から採掘された天然ダイヤモンドと完全に同一であり『本物のダイヤモンド』であることを証明しています。

天然ダイヤモンドとラボグロウンダイヤモンドは、自然に咲く花と、グリーンハウスで成長する花のようなものです。どちらも同じ花で、成長環境以外に違いはありません。
​同様に、地上で成長したダイヤモンドも本物のダイヤモンドです。

本物のダイヤモンド

Real Diamond

ラボグロウンダイヤモンドは地球影響へ与える影響が非常に軽微です。また、大規模な坑道での採掘等も必要ないので、作業従事者への安全も確保されており、また紛争ダイヤモンドの可能性もゼロです。​環境も人も犠牲にすることなく、本物のダイヤモンドを成長させることが可能です。

エコ フレンドリー

Eco Friendly

全ての無色のラボグロウンダイヤモンドは、タイプ2aと呼ばれる不純物を含まないピュアで美しい炭素の結晶として成長します。天然ダイヤモンドの中でこのタイプ2aは非常に希少で、特に大粒のものはプレミアがつき高値で取引されます。

純度と美しさ

Type 2a ​- Pure & Rare